人気ブログランキング |

房ができないぶどう

 今年の選抜高妻とブラックビートは房のつきが良くないので、その原因について

「植原葡萄研究所」にたずねてみました。

水・肥料過多や昨年の日照不足があげられるそうです。

心あたりは水のやりすぎです。

今年は水や肥料を制限して枝もあんまり伸ばさないようにということでした。

専門家はすごいですね。


b0218444_2232156.jpg


昨日は娘と一緒に小野東洋ゴルフ倶楽部でゴルフを見てきました。

夏休みにも行くことになりそうです。

今日は鳥に食べられたスイートコーンや落花生を植えなおしました。

サクランボの雨よけも作り始めています。

by isoth | 2011-05-16 22:36 | ぶどう | Comments(1)
Commented by jg3rtc at 2011-05-17 21:03 x
専門家のアドバイスは的確ですね。短梢栽培の場合、樹勢のコントロールが難しいですね。我が家の葡萄には基本的に水は与えていません。肥料も収穫後の「お礼肥」には少量の即効性化肥を与えますが、基本的には魚粉・海藻粉以外は与えていません。収量や見栄えを重視するならまた違うのでしょうが、家庭用の味重視ならこれで十分ですよ。肥料過多は病虫害の被害も増加する傾向のあるそうです。
日照不足に関しては手も足も出ませんが、トンネルのビニルを毎年交換する、もしくは収穫後、外して春まで保管する事で透過率をかなり確保できるらしいです。
私は収穫後、外して室内保管して隔年交換にて使い回しています。
line

ぶどうを中心に梨やりんごなどいろいろな果樹に挑戦


by isoth
line
カレンダー